まずは、行動してみた⚾✨

皆さん、こんばんは。

昨日一昨日で、私自身の野球&トレーニング関連資格を取りまとめ、英語での自己PR書類等も作成し、本日、とある施設にその書類を提出させて頂きました✨しかも、アポ無しで😅

窓口のアメリカ人の方々もビックリしたかも😂

というのも、その施設内には主にパーソナルトレーナーさんの写真一覧が並んでいますが、最近からテニスインストラクターさんの写真も貼り出されておりました🎾

『おっ!ベースボールインストラクターもありじゃね?』

と勝手に思い、書類を作成して即提出!

結果はどうなるかわかりませんが、まずは『行動あるのみ!』💪😁

その施設はアメリカ人が沢山集う場所🇺🇸

もし、私と契約をして頂けるなら、もちろんコーチングは英語で🔤

今まで、ある程度英語でアプローチさせて頂いておりますし、現時点でも毎週個別サポートがございます😊

ですので、私のやらせて頂く事は変わらないと考えており、あとはもっともっと経験を積ませて頂くとともに、さらなる学びを得ることだと思っておりますので、

これからも積極的にチャレンジ、行動していきます🏃💨

施設の皆様、本日はお忙しい中、急なわたしのおしかけにも快く対応くださいましてありがとうございました🙇

どうぞ私にチャンスを下さいませ〜👏😁

日本人に必要な言葉かも…『More is not always better.』

皆さん、こんばんは☔

メッチャ雨の沖縄本島地方…お仕事帰りの皆さんは是非とも安全運転で、お気をつけてお帰り下さいませ🙇

さて、今日はスキマ時間にアメリカ人のBaseball関連Podcastを聴いていて、こんな言葉が私の耳に飛び込んできました👂

『More is not always better 🚫』

さぁ、どういう意味でしょうか?

個人的には日本人にとっても必要な言葉かも…と思っています。

私、コハーマ訳では、こうです👇😅

『多ければ多いほど良いってもんじゃない!』

これは、仕事や勉強、部活動、トレーニングなどなど…いろんな事に当てはまるものだと思っています。

このpodcastの内容は、ある有名なバイメカの専門家とストレングスコーチの対談で、アメリカでもユーススポーツ環境で1年中、単一競技をしたり、複数チームに所属する子達がいるようで、そういった状況に対して、このような言葉を投げかけておりました。

現在の私自身もそうなんですが、どうしても140km/hを出したくて休養を怠って、トレーニングトレーニングの日々を送ったりしたくなります💦

しかし、そういった事は『やり過ぎ!』であって、実は逆にパフォーマンス落としますよ〜!ってな感じになります😭

私も含め、日本人って、どうしても『量に逃げちゃう』んですよね〜😅💦

なんか、やっていないと落ち着かなくて、ついついオーバーワークしちゃうんです💦

お仕事の残業、または育成年代のスポーツ環境も同じじゃないでしょうか?

周りもやっているから、自分もやらないと…

みたいな😅

でも、これってただ周りに流されているだけですし、そもそも自分達の現状に対してベストかどうかも考えていない…

ただ…これ!解決できると思っています!

それは、どうやって?だと思いますか?

答えは、

まずは、今までの常識を疑う!

そして、勉強する!!

知らない事は徹底的に調べて知る!!!

そのノウハウを、試行錯誤しながら超効率的を追い求めコツコツ実践しまくる!!!!

そうする事で、最近の私は、自分自身のトレーニングがかなり効率的で効果的なものに変わっていっている気がしています💪😎✨(もしや、素敵な勘違いか?😂)

今日も1時間弱のトレーニングでしたが、汗だくで身体もパンパンになりました💪💦🦵

こんな感じですので、当然キャンパーズの活動でも、私を含めスタッフ全員で日々意見を出しながらトライアンドエラーを繰り返し、週に1回しかないクラブ活動を最大限シンプルなものとし、超効率的に上達できるような道筋を常に模索しております!

(もちろん、一番は『身体を動かす事を超絶楽しむこと』ですよ😁)

ですので、これからも練習量に逃げることなく、頭と身体をフル活用して、より良い環境を創って参ります💪💪💪💪

ってか、週1回の2時間弱しかない活動では、そもそも練習量に逃げれないかぁ〜🤣🤣🤣🤣

これからも、私はこの有限な人生の中で、しっかりと優先順位をつけて、キャンパーズでの大切な時間をより良いものにしていきます✨

時間は短くても、子供達にとって圧倒的なインパクトある活動になるように!

Coaching Baseball in English⚾🇺🇸🇯🇵やりがい、ハンパない💪😁

皆さん、こんばんは。

今日も、大変有り難いことに個別サポートの日⚾

今日は、アメリカ人の小学生ボーイ🧒

投げる・打つのFundamental skill training⚾

子供達の中に、投打の動作で体重移動がなかなか上手くいかないというのをよく見かけませんか?

そういう時に、傾斜板を利用して(投球時・打撃時に)軸足から踏み出し足にエネルギーの伝達が上手く出来るように、または(投球時に)踏み出し足で地面をしっかり捉えてブレーキングする感覚を得るための練習をするのに、有効ではないかな?と思っています。

そして、私…この説明を全て英語で行なっております(あっ、拙い英語です😅)🔤 

ここ数年は野球の学びも日々コツコツと日・英の両言語で継続しておりますので、今日のサポート中も一応全て伝わっていると思います💪😁

インプットを毎日の習慣にしながら、こういった場面でアウトプットしまくります🔤しかも、小学生相手ですので、学んでいる身体や野球の専門用語を噛み砕き、もっと簡単にわかりやすくしなければ伝わらないという…なかなかの頭こんがらがり度🤯

しかし、

この経験って、

誰しもができる事ではないと思いますので、スゴくやりがいを感じておりますし、間違いなく他の方々にはない私のオリジナリティーとなります!

本当にこの貴重な機会をありがとうございます🙇

引き続き、全力サポートをさせて頂きます💪😁

『ヤンキースのパフォーマンスディレクター』エリック・クレッシー氏のセミナー受講⚾

皆さん、こんにちは。

昨日今日と2日間にわたり、Kinetikosさまのオンラインセミナーを受講させて頂きました✨

講師は、あのニューヨークヤンキースのDirector of Player Health & Performance⚾

エリック・クレッシー氏

そして内容は、

『メディスンボールトレーニングを最大限活用する』

という、

140km/hの事で頭がいっぱいの今の私にピッタリなお話😁👍

もちろん、関わらせて頂いている全ての子供達へのアプローチもイメージしながら✨✨✨

昨日今日で、気づけば10ページ…ぎっしりメモを取ってました😅💦

詳しい内容に関しましてはブログ内でお伝えできませんが、本日のセミナーを参考にさせて頂きながら、まずは現在私自身が行なっているメディスンボールエクササイズをどんどんアレンジ&進化させていきまぁ〜す💪😁

そして、目標達成させちゃいます✌😊

ちなみに、セミナー初日のコメント質問では、Strength-Speedを獲得するために野球選手に対してオリンピックリフティングプログラムは提供しているかどうか?

という私の問いにつきまして、以前マイク・ライノルド氏の動画やエリック・クレッシー氏のブログ記事等を参照させて頂いた上で、私自身もブログ記事を投稿させて頂きましたが👇

過去記事↓

今回、エリック・クレッシー氏ご本人より直接以下のような御回答を頂戴致しました🤩

『オリンピックリフティングは素晴らしいトレーニング種目です!しかしながら、野球選手として、より健康的に、ケガをせず、効率的にパフォーマンスアップを目指すことを考えると、このトレーニングは野球選手にとって、特に重要な手首や肘にかなりのストレスがかかるというリスクを伴います。さらに、オリンピックリフティングトレーニングは上級者向けであり、テクニック習得にもかなりの時間を要するため、その辺りを考慮すると野球選手には提供致しておりません。』

との事でした!

今後は私自身のトレーニングプログラムもアップデート、さらには育成年代選手の方々からご依頼頂く機会がありましたら、本日の内容を参考にさせて頂きながら個々のトレーニングプログラムについてサポートさせてもらえましたら幸いに思いますし、その機会に備えて引き続き学び実践し続けます⚾

その他にも、本当に沢山沢山学びを頂戴致しました!

講師のエリック・クレッシーさま、Kinetikosの谷さまはじめ関係者の皆様、

昨日今日と2日間、素晴らしい時間を下さいまして、本当にありがとうございました🙇

さぁ、140km/h出すよ⚾💨

Coaching & Training⚾自己研鑽しながら子供達と関わらせて頂きます💪💪

皆さん、おはようございます!

昨日は、夕方から個別サポートを1コマ、貴重な時間を頂きました⚾

バッティングは、スイッチヒッティング!

スローイングは、利き手の右投げでコツコツと基本ドリルを⚾

4年生のアメリカ人の男の子、昨日も夢中に打ったり投げたり楽しみました⚾(私も英語でのコーチング、超楽しみました🇺🇸)

上手くなりたい!

そんな気持ちが感じられて、私自身も子供達から日々エネルギーを頂いております💪

ありがとうございます🙏

そんな私は昨日もルーティンのトレーニング🎶

昨日は、スクワットジャンプとワイドスクワット、バーベルスクワットで1時間弱、みっちり下半身強化しました🦵

子供達へのコーチング(Coaching)と、

自分自身のトレーニング(Training)、

この両立を継続する事は、双方を刺激し合える、お互いを高め合える素晴らしい『ING’s』←勝手に命名😂👍…アイ・エヌ・ジーのコンビネーションだと思いますので、引き続き自己研鑽しながら子供達と関わらせて頂きます💪

昨日も、個別サポートの機会を下さいまして、本当にありがとうございました🙇

キャンパーズ図書館OPEN 📖

皆さん、こんにちは。

今日はキャンパーズ図書館OPENについてお伝えさせてください☺️

これまで数年間、私がキャンパーズキッズや私自身のスキルアップに繋がればと思い、継続的に勉強してきている書籍の数々📚

この読み終えた書籍、再読している本も多数ありますが、そのほとんどは通常自宅の書斎に眠っています😭

そこで、キャンパーズのスタッフや保護者様等、身近なメンバーにも沢山読んで頂けたら、子供達の成長は今まで以上に倍速するのではないか?

または、保護者様のなかにこれまでの私と同じような、子供達との関わりに関する悩みを抱えて、いろいろと試行錯誤している最中なのではないか?

などを考えますと、これらの書籍をキャンパーズメンバーの皆様にどんどんシェアできる仕組みを創りたい!!と強く思いました😁

そこで、新しい書斎に1冊1冊、本を丁寧に拭き上げて、タイトルが見えやすいように写メを撮ってキャンパーズLINEグループに情報共有!

そして、すぐに数名のお父さんお母さん達から借用に関するメッセージを頂きました😍

この瞬間、私はスゴく嬉しくなりました!!!こんな変わり者おじさんの私でも、身近な方々のお役に立てるんだぁ〜🥰🥰🥰と…😅💦

また新たな書籍をコツコツ購入して、新たな知識を頭に入れ、子供達のサポートに一生懸命取り組むぞ!という意気込みも湧いてきました💪💪💪

これからもチームキャンパーズとして、みんなで自己成長していきたいと強く強く思います💪💪💪

皆様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します🙇🙇🙇

あっ、書籍の無料貸し出しのご連絡、お待ちしております〜😁🎶

アニマルフローと英単語カードゲームの両立✨

皆さん、こんばんは。

今日のマルチスポーツクラブは、

久々に英単語カード遊び🔤

私達の英語遊びは、ただの英単語の暗記ではございましぇ〜ん😁👍

もちろん身体を動かしながら💪😊

今日は、アニマルフローやカーツの走りのドリルなどでチーム戦をしながら、英単語カードを取り合うというシンプルなルール🎶

はじめてチャレンジする子達もいましたので、なかなかスムーズな動きとまではいかない場面も多々ありましたが、それも良い経験👏☺️

とにかく、いろんな事にチャレンジする大切さをどんどん伝えたいです!

この様子は、こちらの動画でも確認できますので、よろしければご覧下さいませ👇😊

大人キャンパーズの初戦⚾

皆さん、おはようございます🙇

昨日は、大人キャンパーズのサンエス杯初戦⚾

対戦相手は、リフォーム施工さま。

私は、オーダーを決めたり、相手チーム&球審とのルール確認など、とにかく初めてづくし💦

さらに、大人キャンパーズには4名のアメリカ人選手達が今回メンバーとしてご参加頂いているため、彼らに対して英語での説明等、とにかく昨日の試合前は自分のアップどころではありませんでした😅

こんなド素人チーム責任者の私、チームの皆様にはいろいろとご迷惑をおかけしたかと思いますが、昨日は本当にいろんな方々のサポートに助けて頂きました🤩

そして、試合なんですが、

なんと!

CAMPERS 5 – 3 Reform Seko

We Adults CAMPERS won the game 👏😁

大人キャンパーズ勝ちました〜⚾

対戦相手のリフォーム施工さま、球審の宮里さま、キャンパーズの皆さん、ありがとうございました🙇
感謝🙏

Thank you, everyone🙏

次戦は、来る日曜日⚾

やっぱり、野球は楽しいです🎶もう既に次戦に向けてワクワク🎶

資格は無事にゲット⚾

皆さん、こんばんは。

イェ〜〜〜〜イ!!!

たった今、ドライブラインベースボールさまのベイシックオブピッチデザインコースの資格を取得できました😁👍

オンラインコースで、今週は夜からパソコンに向かって眠気と戦いながら、ピッチデザインについて学びを深めておりました!

全編英語なので、英語力も鍛えられて一石二鳥です⚾🔤

大変勉強になりましたが、資格はただ知識を詰め込んだだけだと思ってますので、これからのテクニカルピッチクラブや出張サポートなどで活かしていけるよう引き続き学び実践です💪

オンラインの動画も繰り返し繰り返し視聴して、頭の中にピッチデザインを叩き込みたいと思います😁

そして、ピッチャー陣のチームサポートなどもさせて頂けるように、私自身がもっともっと知識も実践もアップグレードさせていきます💪🤯

トップベロシティの動画を少し日本語で要約してみた😅🤏

皆さん、こんばんは。

Good evening to All,

私はトップベロシティのメソッド…といいますか、彼らがどのような考えを持っているのかを、私のようなつたない英語話者でも日本の野球人の方々に伝えられたらと思い、下記のように簡単ではありますが、私なりに気になった文言だけを聴きとって抜粋し、要約してみましたので、良かったらご一読下さいませ🙇

Since I really wanted Japanese to know what is the Topvelocity’s methods, I did carefully listen and excerpt from one of their YouTube(see attached) to summarize little bit in Japanese as follows:

“Pro pitchers delay trunk to create less arm torque.”

プロのピッチャーは、投球時に胴体を(下半身に対して)遅らせること(捻転差)で、投球側の腕のトルクを減らしています。


“In pro pitcher, The arm speeds go down while the ball speeds go up in compared with college level. Less arm speeds and Less arm torques, Because they are using their body in sequence their body better.”

プロの投手は大学生投手と比べ、投球側の腕の速度は下がっているのに対し、球速は上がっている。彼らは身体を順序よく使うことで、腕の振りの速度を下げながら、腕のトルクも減らしている。

“If you get Arm focused approaches for trying to accelerate your arm speeds, the study showed that your arm has to weaken the decelerators to increase the torque on the accelerators. So it has to weaken external rotation to increase speed in internal rotation. That’s the problem with the arm speed approaches. They can quickly give you velocity, but the problem is you have to sacrifice the braking system, the decelerators and the process.”

もし、投球側の腕を加速させる事に特化するアプローチ(おそらくウェイトボール)を行なう場合、研究によれば、腕の加速が増大させるために、その腕を減速させる機能?(部位?筋群?)が弱めなければならないことを示しました。その際、肩関節を内旋させる速度を上げるためには、肩関節の外旋(筋群?可動域?)を弱める必要があります。これが投球側の腕を加速させる事に特化するアプローチの問題点です。このアプローチによって早急に球速を向上させる事は可能かもしれませんが、問題は腕振りを減速させる機能を犠牲にしなければならない事である。

はい!

だいたいこんな感じですが、少しわかりづらいかと思います😅

簡単に言うと、

彼らは、ウェイトボールトレーニングなどの腕振りのスピードを加速させる事に特化するトレーニングを推奨しておらず、あくまでもオリンピックリフティングなどのように、地面反力をしっかりともらって、下半身から体幹を介して上半身…腕…という運動連鎖によって投球を行ない、その過程で球速アップさせていきましょう!

という簡潔ではありますが、そういうことだと、私は解釈しております!

間違いなども多々あるかと思いますが、私のインプットアウトプットなど、理解力を深めるために今回書かせて頂きました。

ご一読下さいましてありがとうございました🙇