自分自身の動作改善を今後の子供達へのアプローチに繋げる💪😁

皆さん、こんにちは。

昨夜〜今朝にかけて、前田健さんの書籍を再読させて頂きながら、私自身の投球動作の課題解決に向けた練習プログラムを考えています!

さらに、YouTubeで数名の有名サウスポーの方々の投球動作を何度も見返して、自分自身が課題と考えている動きを主にチェック👀

プロの方々はどういう動作になっているんだろうか??

やはり、

動作全体を見れば、各々の投手にいろんな特徴が見られますが、大切な局面では、ほとんどのピッチャーに共通動作が観られました✨

私の課題は、大きく分けて3つあります!

私自身、スゴく不器用で、これまで何度もその部分の修正に取り組んでみましたが、解決できずにいました😭(昔からのクセが強すぎるのか…😅)

という事で、ウエイトトレーニングで、ある程度出力を上げられたら、現状の投球動作でも140km/hに到達できるのでは?と思っておりました…

が、

そんなに甘くない事に、今更ながら気づきました😅

ですので、思い描く動作をなかなか即座に習得できない不器用な私は、まず、分習法で大切な動きを身体に叩き込んだあと、全体として流れのあるフォームに繋げられるようにしたいと思っております💪

さぁ、課題は山積み!

ですが、この経験は必ず今後の子供達へのアプローチに活きてくると確信しておりますので、

まずは、オトナの私が人体実験して、良い結果に繋げ、それを子供達へのバトンパスとさせて頂けるようコツコツ練習を継続致します💪😊

スピードガン『ユピテル』購入✨

皆さん、こんばんは。

先日、軟式用テクニカルピッチがまさかの不具合となり、ただいま来月以降のピッチングクラブに向けていろいろ段取り中なんですが、

そんな中でも、以前から気になっていたスピードガン『ユピテル』を購入致しました。

ネットでユピテルについて調べてみると、こういった説明書きが👇

❜❜ 「ピッチング」と「バッティング」のスピードを数値化!

■ピッチングモード

●「投球の初速」「投球の終速」「初速終速間距離」ピッチングモードでは、1回の投球で「投球の初速」「投球の終速」「 初速終速間距離」の3つの値を同時に表示します。

■バッティングモード

●「バットスイング速度」「打球の初速度」「推定飛距離」バッティングモードでは、野球やソフトボールにおける「バットスイング速度」「打球の初速度」打球の「推定飛距離」を表示します。❜❜

というように、ピッチングもバットスイングも計測できますので、今後予定されている各種イベント等でも活用できるので、価格は、約3万円ですがコスパは良さそうです😁

あと、ネットスローでも球速が計測できるようなので、私自身の投球動作改善ドリル中にも定期的に数値を確認しようかと考えております😊

さぁ、また新たなデバイスによって新たな発見をさせて頂きます〜😁👍

球速アップ資料作成→MTG→トレーニング→スコアラー⚾💪😊充実した週末🎶

皆さん、こんばんは。

今週末もスゴく充実した日々でした✨

先週頃からスタートさせた

『球速アップを目指す投手のウエイトトレーニングの考え方』

という資料作成⚾

昨日の午前中は、この資料を持って、とあるイベントの打ち合わせ⚾

昨日もメチャクチャ勉強になりました〜🤩

いつもありがとうございます🙏

そして今朝は、その資料や昨日のMTGで話題になったトレーニングなどを試すためにジムへ💪

いろんな気づきがありました✌

そして、午後からは自宅でネットライブ配信されていた母校・浦添商業野球部の試合を、スコアをつけながら観戦⚾

残念ながら、負けてしまいましたが、今日の試合が今後の選手をはじめ関係者の皆様にとって成長に繋がる経験になると信じております🙏

Good Game⚾

今週末も充実した日々を過ごすことが出来ました🎶ありがとうございます🙇

手段(HowやWhat)よりも目的『考え方(Why)』が最重要💪

皆さん、こんばんは。

楽天ブックスで購入した…待ちに待った書籍がついに到着しました📕

そのタイトルは、

『競技力向上のためのウェイトトレーニングの考え方』

著者は河森直紀氏。

私は遅ればせながらではありますが、最近から河森氏のブログやツイッターで沢山学ばせてもらっております。本当にウェイトトレーニングの目的(why)、考え方をしっかり持つことが大切だと、スゴく感じております。

なぜなら、

この情報社会のなか、いろんな方々からのHowやWhatなどのノウハウ動画や記事が溢れかえっておりますが、それよりもまずは自分自身の現状と課題を知り、その課題解決の為の目的にあった手段を選択することこそがパフォーマンスアップのためには、最も重要だと考えているからです!

私自身も現在、40歳140キロプロジェクトに取り組んでおり、投球動作改善のみならず、ウェイトトレーニングで投球パフォーマンスを向上させようと鍛錬の日々をおくっております💪😁

おそらく、私がこの書籍を数回読み終えて内容理解ができているなら、もう一段上のレベルに自分自身が上がれているはず😊👍

そのぐらい大切な事が沢山記されていると思いますので、本のページをめくるのが本当にワクワクです🤩

さぁ、引き続きどんどん読み進めて参ります!!!

慶応大学野球部さんから日本を変えるアントレプレナーが沢山生まれる予感🤩✨

皆さん、こんばんは。

昨夜は、第12回Geeksウェビナーに参加させて頂きました⚾

タイトルは、

『日本一・慶応大学野球部の強さを探る』✨

まず一言!👇

野球が強いのは、もちろんですが、それよりも組織自体がメチャクチャ最強!!

まさに『0から1を創る組織』です✨

野球経験がほとんどない学生アナリストを組織に招き入れ、主観よりも客観的な意見を積極的に取り入れて、感覚重視の野球や今までの固定観念にとらわれない新しい野球を創り上げる事で、組織自体がどんどん進化中✨という印象を受けました。

データ活用によるメリットも、

チーム内で共通言語による会話の質の向上や、フィードバックの質の向上。さらに自分自身の現状を客観視でき、データが気づきを与えてくれて、その改善に取り組んで最終的にパフォーマンスアップに繋がる…など…

あっ!これ以上書くとセミナーのネタバレになるので、気になる方は是非ともBaseball Geeksの会員になられる事をオススメ致します😅👍

ただ昨日のお話を伺う中で、おそらくなんですが、こういったゼロイチの組織で、やりたい事を主体的にガンガンやれる学生の皆さんは、社会に出た時にどんな分野でも活躍できる!と、強く思いました🤩

そんな若い日本人が増えていけば、日本の未来はメチャクチャ明るいなぁと!

学生野球界から日本を変えるようなアントレプレナーが沢山生まれたら超カッコいいですね💪😁🇯🇵⚾

彼らの事を野球選手以上に、1成人としてカッコいいなぁと感じました⚾

これからも、野球のみならず様々な事を経験し、学生生活を充実させて頂きたいです💪

慶応大学野球部の皆様、そしてBaseball Geeksの皆様、昨日も大変貴重な学びの時間をありがとうございました🙇

物理や数学って野球のパフォーマンスアップにも必要だな〜😅💦

皆さん、こんにちは。

こちらの書籍📕

読むのは2回目!理由は単純!!

私の理解力が低すぎて、1回目では全然理解できませんでしたので再度読み込んでおります!(もちろん2回目も苦しんでますが🤣)

そこで、感じたことは…

物理や数学を学生時代に、もっときっちり学んでおけば良かったぁ〜〜〜😭

なぜなら、こちらの書籍は『姿勢と運動の力学がやさしくわかる本』というタイトルで、

バイオメカニクスの基本について書かれたもの。

この『力学』には、「慣性の法則」や「作用・反作用の法則」、「てこの原理」などがあり、これらは中学理科や高校物理などで習ったもの。

その中でさらに、数式やグラフが出てきたりして、『物理』や『数学』の大切さを改めて感じております😅💦

やはり、学生時代はスポーツ以外にも勉強をはじめ、いろいろと学んでいた方が良いなぁと思いました😜

まぁ、私の場合は英検準1級を受かるのにトータル7年かかったという…悪く言えば非戦略的で非効率的な学び😅良く言えばコツコツと継続的で定着力のある学び…とでも言いましょうか…🤣

そんなスタイルなので、これからも引き続きコツコツと繰り返しながら頭に刷り込んでいこうと思います!

野球っ子や球児の皆さん、

是非とも算数や理科、数学や物理の勉強も楽しんで、野球のパフォーマンスアップに活かして下さいね💪😁⚾

飛距離アップに『ステップバック・スクープトス』💪😁

皆さん、こんばんは。

今日も個別サポートの貴重なお時間を頂きました⚾

毎週お越し頂いている小学生のキャンパーズキッズ✨

メチャクチャ上手くなっています!

やっぱり、好きな事をコツコツが勝つコツですね💪😊

そんな彼に、バッティング練習の前に、ちょっとしたドリルをお伝えさせて頂きました😁

その名は

『ステップバック・スクープトス』

実は、このトレーニング…私自身が週3回おこなっているメディスンボールトレーニングの1種目✨

子供達には、小学生用のバスケットボールやバレーボール、サッカーボールなどを使用してチャレンジ🏀🏐⚽

やり方は、バッティングの時のスタンスで、後ろ足(軸足)を一度捕手側にステップバックし、その際、上半身が軸足側に少し回旋され、その後に軸足で地面を捉えてしっかりと押し込みながら前足で踏み込んでいき、前足の着地後に同じく地面をしっかり捉え床反力をもらい、下肢からのエネルギーをロスなく体幹〜上肢へ💪

その勢いで、ボールを持った両腕が力強く振られて加速し下手投げ、最後にボールをリリース🏀💨

注意点は、頭が進行方向に突っ込まないように、イメージは『頭はお臍より後ろ』

どうすれば勢いのあるボールを投げられるかを考えると、やはり両脚の足底でしっかりと地面からチカラをもらい、それによって効率的な運動連鎖が起こること!かと🤔

もしかしたら、

こういったスローイングでドッジボールなんかやっても、メチャクチャ面白くて盛り上がり、尚且つ子供達の『投打の動き』もより良く変わるかも〜…と思いました。

また、いろいろと私自身でまずは試してみて、良さそうだなぁと感じたものを子供達にお伝えさせて頂けたらなぁと考えております😊👍

皆さんも是非是非お試しあれ〜🤏

球速アップの為に、またサイドベンドをアレンジ💪

皆さん、こんばんは。

今日は、メディスンボールトレーニングdayでしたが、セット間にケトルベルでサイドベンド👇

通常のサイドベンドを少しアレンジ✨

両太ももに挟んだ柔らかいボールを落とさないようにしっかりキープしながらサイドベンド🦵

このトレーニング、実は投球動作などの回旋を伴う動作に大切な筋活動が起こります💪

それが、Anterior Oblique Subsystem (AOS)

日本語では、前方斜めサブシステム!

主に内外腹斜筋、内転筋群が協働する✨

これは投球時に、踏み込み脚の着地後からその安定性を高め、リリースにかけて強い回転運動を起こすためのムーブメントシステムです!

私が学んだNASMでは、両太ももにボールを挟み込んで、ツイストクランチやローテーションを伴うトレーニングが紹介されていますが、私はサイドベンドが投球動作でも、現状の私自身にも必須だと考えておりますので、そのサイドベンドで内転筋群や股関節外旋筋も同時に鍛えたい…尚且つトレーニング中に骨盤が横にスライドするのを防ぐためにも試しているところです!

身体を安定させる部分と動かす部分をしっかりと協働させて効率的に動作を起こせるようにトレーニング時から意識します!

もし、何か間違っていることなどありましたら是非とも皆さんからご教示頂きたいです🙇

投手のトレーニングの考え方⚾

皆さん、こんばんは。

今日は午前中、普段私がいろいろと教えてもらっている、ある野球関係者の方とお会いし、ちょっとお話しをさせて頂きました⚾

まぁ、ほとんど私からの質問攻めだったかも😅

○○さん、すいません🙇そして、いつも貴重な学びをありがとうございます🙏

それで、モチベーション爆上がりまくりスティーの私40歳オジサンは、

帰宅後の夜から『投手のトレーニングの考え方』

という資料を勝手に作り始めました🤣

まったくもって、誰にも求められてません😂

ただただ、私自身の考えとこれまで実践してきたトレーニング、そして今日勉強になったことなどをまとめ、頭の中で整理しておきたいだけです😅

明日も少し時間作ってアップデートしたいと思っています。

さぁ〜、完成はいつになるか……🤣👍

と言っても、恥ずかしいから誰にも見せませんし、見たい人ゼロ間違いNothing😂

それでは、妄想オジサンは明日の朝トレに備えてオヤスミしま〜す😴💤

あっ、○○さん、

今日も大変お忙しい中ありがとうございました🙇

応急手当WEB講習がスゴく有り難い🙏

皆さん、こんばんは。

今日は、私もつい最近受講した応急手当WEB講習についてお話させてください😊

これは消防庁からのWEB講習で、昨今のコロナ禍でも応急手当や心肺蘇生、AEDの活用について自宅にいながら学ぶことができる素晴らしいコンテンツです👇

https://www.fdma.go.jp/relocation/kyukyukikaku/oukyu/pages/guide/guide.html

私自身も地域の消防署で開催される通常の講習会には、定期的に参加させて頂いておりましたが、さすがに最近の状況下では開催されていないとの事。

こういった中でも、いつ何時そういった場面に遭遇するかわかりません、可能性は十分に考えられます!

ましては私達クラブ活動では、大切な大切な子供達の命を預かっておりますので、継続的に学び直しながら、そういった緊急時に備えておかなければなりません!

このWEB講習は、動画が項目ごとに細分化されて、1項目終了ごとにQ&Aと解説もあり、全項目の動画を見終わると、まとめをして最後に20問のテスト📝

16問正解で、受講証明書が発行されるという流れ。

子供達と見て学びながら、もしものケースを想定しておくのも良いかもしれません!

私達スポーツ現場にいるオトナは当然ですが、その他すべての方々にとりましても非常に有益な講習だと思いますので、是非受けてみて下さいませ〜🙇