少年野球の盗塁規制論について①【キャンパーズミーティングEpisode#6】

皆さん、こんばんは。

本日のキャンパーズミーティングEpisode#6のお題は、

【少年野球の盗塁規制論について】

学童野球環境で最近、話題となっている盗塁規制について、キャンパーズスタッフで議論いたしました。

学童野球連盟に所属していない我々キャンパーズではありますが、

全ての野球っ子達が、それぞれの発育発達に沿って野球のプレーも段階的に上達して欲しいと切に願っておりますので、そういった観点からの一意見としてご覧いただけましたら幸いです。

それでは、まず1本目の動画をご覧ください!!!

なぜ野球を英語で学ぶのか?

皆さん、こんにちは。

今日は、アメリカの祝日により日中のお仕事はお休みですが、有難いことにやることは盛りだくさん!!

ちなみに、昨日は私自身が所属させて頂いている軟式野球チームの練習があり、オジサンは見事に本日筋肉痛でございます(笑)

やっぱり、トレーニングを日々コツコツとおこなっていても、ノックやピッチング、バッティングなどを久々にやるとカラダには新鮮な刺激が注入されますね(笑)

まさに、室伏流【ハンマロビクス】のコンセプト↓

さて、今日はタイトルにもある『なぜ野球を英語で学ぶのか?』

という内容のリライトをご紹介いたします↓↓↓


今日も自宅で出来る範囲で空き時間にトップベロシティの3Xピッチングビギナープログラムのテキストを読み込みました。

ホント難しい…ここ数年ずっとスキマ時間にトップベロシティのYouTube動画を閲覧してきましたが、やはり英語で理解するのはなかなか大変です

💦

しかし、だからこそやるんです!
難しいからこそやるんです!
そして、その学びを継続するんです!

なぜなら、難しいことでも毎日コツコツ積み重ねることで必ず理解できるようになると、私は信じています!

さらに、圧倒的な積み重ねを継続できる人は絶対数が少ないので、確かな努力を積み上げれば必ず差別化がはかれます!

あと、私の場合は現時点でもクラブの子供達のなかにアメリカ人の子達がいてくれるので、彼らへのアプローチは当然英語ですから、そういった意味でも『野球を英語で学ぶこと』は必須なんです!

最近からは、カラダの動きなども含めトレーニング関連も英語で学べたら、もっともっとオンライン上でも情報を取り込めると考え、NASMのSports Performance Trainingの教本の英文も読み始めました。

What is the difference between Japanese and American Youth baseball environment⚾

Hello everyone!(皆さん、こんにちは。)

Today, I am writing my impression of reading this book which is stating what is the difference between Japanese and American youth baseball environment. (今日は、こちらのアメリカの少年野球こんなに日本と違ってた という本の感想を述べたいと思います!)

Although I haven’t been to US yet, this book taught me what’s the big difference between Japanese and American Youthbaseball environment.(私はお恥ずかしながら実際にまだアメリカ本国に行ったことはありませんが、この書籍を読んで日本とアメリカの少年野球環境について学べました🇯🇵⚾🇺🇸)

Here’s 3 of good things what I felt about American Youthbaseball.(以下は私自身が感じたアメリカ少年野球の3つの良い点です。)

①The bottom line is that the parents always try to do their best for making their kids to have confident.(最も大切にしていることは、親が子供達自身に自信をつけてもらうために常にベストを尽くして行動している)

②There is so many options to play baseball. Especially, Travel teams, Recreational teams and also private lessons.(トラベルチーム、レクチーム、プライベートレッスン等の多様な野球環境が用意されている。)

③Kid’s move to different teams normally happens each seasons.(子供達は毎シーズン、当たり前のようにいろんなチームに移籍が可能)

Especially, No.3 is really easy to see which coach is good or bad. And if a team has great coach, that team will be popular and have a lot of kids. (特に、③の移籍を自由に行えるというのは、指導者の可視化にも繋がると考えており、必然的に良い指導者には子供達が集まることになります!)

Under this system, Coaches need to keep learning about baseball and its coaching skills. If not, team will not have enough kids players then team can not operate. So I think Japanese Youth baseball environment should create this rule, and then they will be getting better and better. (これは、指導者が学びを継続していき、自分自身のコーチングスキルを上げていかなければ、チーム運営そのものに支障をきたすという意味でもコーチングのレベルアップに繋がって、日本の少年野球環境も取り入れていった方が、より良い環境を構築していけるのではないでしょうか??)

感覚と筋肉を同時に鍛える室伏流トレーニング【ハンマロビクス】

皆さん、こんにちは。

昨日のリライトから復習も兼ねて、室伏流トレーニング【ハンマロビクス】について再読しております。

まず、室伏広治さんが『常識をぶち破る』ために考えた独自トレーニングである

【ハンマロビクス】のコンセプトが面白い↓↓↓

①単純な反復運動をさせない
②不規則な動き
③体を慣れさせない
④感覚がつねに内在する運動
⑤即興的に対応する運動

さらに発見した以下の文言↓

【人工的で機械的な環境でのトレーニングを続けることは、体性感覚を鍛えることと反しているように思える。そうした環境での練習ばかりではなく、デコボコのある場所や野山を走ったり、自然を相手にトレーニングしてみることも必要だと思う】

ちなみに、体性感覚とは簡単に言うと皮膚などで温度や痛みを感じたりできる表面感覚と、筋や腱、関節でカラダの動きや位置情報を得られる深部感覚からなります。

ハンマロビクスは、そうした人間の感覚をフル稼働させながら、感覚と筋肉を同時に鍛えるやり方(本書より引用)だそうです!

私はこれらの文言を読んですぐに、「もしや、ロッキー4かー!」と1人勝手に興奮状態でYouTube検索しました(笑)…そして出てきたトレーニングのシーン...ってかそんなマニアックな映像も出てくるんかぁ~い(笑)ヤバいな、YouTube📺

そして、動画を観た感想↓

ロッキーは、デコボコの雪山を走って、斧で木を切ったり薪を割ったり、そりに人を乗せて引っ張ったり、大木を担いで歩いたり、デカい石をロープで引き揚げたり、馬車の荷台に人を乗せてクリーン&ジャーク的なトレーニングしたり..ドラゴの機械的なトレーニングと相反してて改めて見ても面白かった💪

あの時代に、あの両方のトレーニングを対照的に捉えていた映画監督スゲェーな~って...そこじゃないか(笑)

それにしても、今回の再読もかなりの学びに繋がりました!!!

改めまして、こちらの書籍をオススメいたします!!!!!

指導者は何を言うかではなく、”何を言わないかが大切”

皆さん、こんばんは。
今日もリライトで!

室伏広治さんの「ゾーンの入り方」という本を読んでいます。室伏広治さんも、その父の重信さんも本当に素晴らしい指導者なんだなぁということが、この本を読んでいくとわかります!!
「コーチとは、選手が自分で強くなっていくのを静かに見守っていられるようになるのが理想」

「無駄な負荷をかけずに同じ効果を得られるトレーニングがあるなら、年齢に関係なくやるべき」


「トレーニングの量だけに気を取られ自己満足にひたってしまうことがある」

「この選手が伸びるために何が必要かを見極めつつも、あれこれ口うるさく言わず、選手自身が考え、気づき、成長できる環境を与える」

スゴく良い言葉がぎっしり詰まった、大変勉強になる本です!!

皆さんも是非ともご一読ください!!!

野球のパフォーマンスアップに直結するトレーニング

皆さん、こんばんは。
今日も、前ブログのリライトで!!

私が普段ルーティーン的におこなっている【野球のパフォーマンスアップに直結するトレーニング】をご紹介いたします!

コロナウイルスの影響で現在はジムが立ち入り禁止中で、出来ていないこともありますが、少しでも参考になれば幸いです↓↓↓

私のルーティーンであるランチタイムを削ってのウェイトトレーニングと、スキマ時間にちょこちょこ行うJバンド。
(仕事はサボってませんよ笑)

本業の米軍施設で働き始めて12年、これまでコツコツと継続してトレーニングジムで取り組んできたウェイトトレーニングは、全く野球のパフォーマンスアップを意識して行なっておりませんでした。

しかし、自分自身も一般軟式の選手としてプレーしていく身として、これまでのストレングス系のトレーニングを一新して、野球のパフォーマンスに直結するパワー系トレーニングを中心にし、ストレングスからパワーへと変換していけるよう日々取り組んでおります!

野球の動作の多くは、爆発的な力発揮が求められるので、カラダにかかる負荷が強く傷害に陥る危険性も高かったり、肘や肩などの局所的な負担も大きいようなので、そのあたりもしっかり考えてトレーニングしていきたいです!

以下が私が新たに取り組んでいる内容です。

・パワークリーンを中心としたオリンピックリフティング

・ショートスプリント走 & アップヒル(坂道ダッシュ)

・片脚支持での各種バランストレーニング

・ファンクショナルストレングスを意識した複合動作でのトレーニング(AOSやPOS)

・メディスンボールスローなど、回旋系のプライオメトリック・トレーニング

・Jバンドを使って、ローテーターカフをバランスよく鍛え、尚且つ肩甲骨周りと胸郭をダイナミックに使えるようなトレーニング

などなど…

もちろん今までのストレングス系、フロント・バックスクワット、相撲スクワット、ベンチプレス、ダンベルプレスやフライ、ショルダープレス、キューバンプレス、プッシュアップ、チンニング、ローイング、ディップス、ハンギングレッグレイズなども時間の許す限り、取り入れています。

あー、やる事いっぱいですし、なかなか痩せなくて大変なんですけど…笑

まぁ、まずは球速アップできるように頑張ります!!!

という上記の内容がリライトでした↑↑↑

その後、私ティーボールおじさんがNASM-PESを取得しましたので、より重点的におこなっているのが、シングルレッグのルーマニアンデッドリフトなどのバランストレーニングの種目です。

なぜかと言うと...

こちら↓

『適切なスタビリティと神経筋コントロールによって、代償動作をおこさずに主働筋を適切に動かせることが、パフォーマンス向上や障害予防に繋がる』

神経筋効率にフォーカスできるトレーニングを自分なりに考えて取り組み、効率的で効果的な力発揮をできるようにしなきゃ、38歳のオジサンはカラダ痛めちゃいます(笑)

3年生の高校球児の皆さん、

38歳のオジサンは、このように日々トレーニングをコツコツとやっています!

そして、よくいろんな人に『今から何になる気?何を目指してるの?』って言われます(笑)

オジサン...いいんです、それでも!!!

野球が大好きだから!今から、少しでも上達して楽しい野球ができればと思っています!!!

皆さんには圧倒的な若さがあります!!

「ピークは人それぞれ!!野球を好きで続けていれば、必ずチャンスは訪れます!!」(数年前に県出身の某プロ野球選手から飲みの場で直接言われたから間違いない(笑))

Having fun in Baseball⚾

育成年代スポーツへのスポンサー企業様必見⚾アイデア満載!【組織に属さないという選択肢③】

皆さん、おはようございます!

今日は、我々クラブも活動再開が近づいてきているので、再開に向けて朝からいろいろ準備中です!!

さて、今日も動画配信!

キャンパーズミーティングEpisode#5【組織に属さないという選択肢③】、動画の後編です!

自分たちで言うのもどうかな?と思いますが...(笑)

メッチャクチャ良いアイデアが出ていますーーー!!!

特に、育成年代スポーツ環境へスポンサードされたい企業様には、是非ご覧いただけたらと思っております!!!

既存の大会へのスポンサードや冠大会ではなく、新しいものを新しい形で!!!

例えば......

あっ、是非動画(12分)をご覧ください!

~ながらリスニングで♬♬♬

超面白いネタ満載でーーーーーす!!!

根拠のない自信ありますので是非~~~(笑)

続編⚾【組織に属さないという選択肢②】キャンパーズミーティングEpisode#5

皆さん、こんばんは。

さぁー、昨日に引き続き『キャンパーズミーティングEpisode#5』!!!

お題は【組織に属さないという選択肢】...  の2本目の動画で昨日の続編📺

ゲストは、名護市にある伊差川バッファローズの監督 金城晴紀 氏

私達クラブと同じく、週1回の活動で、学童野球連盟に属さないクラブ。

今回のトークは、以下の流れとなっております。

①学童野球連盟に所属しないメリット・デメリット

②これからの育成年代のスポーツ環境に望むこと

今回の動画も、いろいろな視点からのお話しとなっておりますので、お楽しみに!!

明日は後編をアップいたしますのでーーーーー

【組織に属さないという選択肢①】キャンパーズミーティングEpisode#5

皆さん、こんばんは。

さぁー、『キャンパーズミーティングEpisode#5』!!!

お題は【組織に属さないという選択肢】...  まず今日は1本目の動画📺

ゲストは、名護市にある伊差川バッファローズの監督 金城晴紀 氏

私達クラブと同じく、週1回の活動で、学童野球連盟に属さないクラブ。

今回のトークは、以下の流れとなっております。

①学童野球連盟に所属しないメリット・デメリット

②これからの育成年代のスポーツ環境に望むこと

是非ともご覧ください!!!

小学生が球速を上げるにはどんなドリルが良いか?by TopVelocity

皆さん、こんにちは!

本日も前ブログのリライト✏

内容は、【小学生が球速を上げるにはどんなドリルが良いか?】


こちらがオススメのサイト!
トップベロシティ(TopVelocity)の動画で面白いものがありましたので、シェアさせて頂きます。

こちらの内容、トップベロシティのスタッフや元MLBプレーヤーが一般人の質問に回答する動画です。私が超簡潔に訳しておりますので(あっているか不安...笑)、どうぞ↓↓↓

Q: What drills will get my 8u Pitcher throwing harder? (8歳の息子が球速を上げるにはどんな練習ドリルが良いですか?)

A: Don’t worry about your velocity at 8 years old!(8歳の子の球速に関して、気にしないで!)

Important things for youth athlete(ジュニアアスリートに大事なこと)

1. Teach proper pitching mechanics, proper way to throw baseball(ボールを投げるための適切な方法や動作を教えること)

2. Make the kids Multi-Athlete(マルチアスリートにすること、単一競技だけをさせない)

という感じです!

Awesome Video!!
素晴らしいことを言ってます!
私が常々、考えていることです!!

発育発達の観点から、段階的に投球動作を習得することで、成長曲線に沿った形で球速アップに取り組んでいけば良い...むしろ、小学生が球速に重きを置くことにかなりのリスクがあると思います!

さらに、単一競技ではなくマルチスポーツを!!これは、アメリカらしい!!!いろんな動きをカラダに取り込むことで、彼らの可能性を広げ、伸びしろを残して上のカテゴリーで羽ばたいてもらう、という教育的な観点から考えると、ある意味当たり前のようなこと...

しかし、現実は...
これが、私が危惧している「専門性が高くなりすぎた少年野球環境。オトナが過度に子供達へ期待することでのマイナスな部分」です!

小さな子供達がやる野球ですよーーー
もっと気楽にいきましょーーー