中古の卓球台を格安で探しております〜🏓

皆さん、こんばんは!

本日は、皆様にお願いがございます〜🙇

実は、我々キャンパーズで雨天時に使用しておりましたミニバッティングゲージの場所が、レンタルスペースとなって近日オープン致します〜✨🎊✨

パチパチパチパチ〜👏👏👏👏

そして、その施設に卓球台を置いて、私達キャンパーズキッズをはじめ、レンタルスペースをご利用されます方々に、楽しく卓球をプレーして頂き、カラダを動かすことの素晴らしさを実感してもらえたらと考えております!

スポーツ量販店に伺ったり、ネット販売などで購入も検討し、数ヶ所に問い合わせもしましたが、コロナでの製造休止や沖縄までの発送ができない等の問題で、なかなか予算内での購入が容易ではありません💦

もし、皆様の周りに中古の卓球台を格安で売却して下さる方がいらっしゃいましたら、是非とも私の方まで御連絡頂けたらと思っております🙇

連絡先👇

コハマ(090-2715-6176)

s561113takuro@gmail.com

Baseball Pitching tips⚾💨

Good evening,

Today, I took care of pitching session for teenage baseball player.

I constantly explain pitching mechanics that I learned, and also provide some of pitching drills for getting proper mechanics.

Since it’s really tough to explain what I currently think all the details of pitching in English, I am not gonna fill it out now.
But I write down some of pitching tips that I learned. And I normally check these points during pitching analysis.

Here’s 4 tips of baseball pitching👇

①Force Vector

This is the shin angle(the line from the ankle to knee). You can check it if you effectively use ground reaction force.

②Hip to shoulder separation

When your front leg got on the ground, you can see whether your upper and lower bodies have good separation (Hip is open, shoulder line is still closed) or not.

③SSE position

Shoulder-Shoulder-Elbow line would be better to keep straight the time between cocking up your throwing arm and release the ball.

④Angle of upper body at the time of release point

When you release the ball, tilted your upper body for generating energy directly heading to the target.

I tried to explain as much as I can that I have learned before and currently think about pitching, but maybe saying incorrect things.
So I will be continuaslly learning and improving myself for many young baseball players.

Increase upper body rotation

Hello,

I provided a private lesson to an American middle school baseball player yesterday.

It was hitting session, and I usually give him some of the exercises for increasing upper body rotation.

I think most of younger baseball players have enough mobility for upper body rotation, but they are not sure how to move properly.

That’s why we (coaches) need to learn proper mechanics and constantly explain to younger players.

And one of key things that I think is “Rotate your shoulder to shoulder under your chin”.

For that purpose, sufficient thoracic spine rotation is necessary.

類縁性をもつ運動から上手く転移できないかトライ🏐🏸

皆さん、こんばんは。

今週もアメリカ人のベースボール大好き小学生に個別サポートをさせて頂きました⚾

彼の課題はスローイング!

その課題の中でもあるフェーズに特化して、ここ数回はアプローチさせてもらっておりますが、簡単に改善とはいかず…

改めて、私自身の動作の理解度の薄さ・観察力の無さ、コミュニケーション能力不足など、コーチングのせいだなぁと感じております😭

そんな中で今週試したアプローチは、バドミントンのスマッシュやドッジボール投げ、さらに軟式ボールの地面叩きつけスローなど。

試行錯誤でチャレンジ!

類縁性をもつ運動(オーバーヘッド動作)から上手く転移できないかトライ🏐🏸

1回では、あまり効果は望めませんが、こういったアプローチも子供達のモチベーション維持を考えると必要ではないかなと🤔

スローイングドリルをひたすらネットに向かって継続できるのは、私のような野球マニアックおじさんぐらいで、小学生には過酷かもしれませんし🤣👍

案の定、いつものルーティーンでやるシャドーやネットスローより断然ハイテンションでした!

時折、ふたりでドッジボールっぽくなることも🏐💨😂

ただ、それも『ボールを投げることが楽しい』と思ってもらうための大切な時間✨

あと、今回のバドミントンをはじめ、いろんな運動体験・経験が幼少期からあり、普段から積極的に身体を動かして遊んでいる子達は、運動のコツを掴むのがスゴく早いなぁと、我々クラブ活動でも常々感じております。

ですので、個別サポート中の彼にも、いろいろな遊びやスポーツをして、スポーツ万能キッズになってほしいです💪😁

その方が、身体の成長と共に野球の技術向上も加速するのではないでしょうか!?

投球動作改善にはUphillとDownhillを活用してます⚾💨

皆さん、こんばんは。

今日は夕方にアメリカ人の小学生に個別サポートをさせて頂いた後、

自宅に着いたらネットスローやシャドーをはじめました(笑)

個別サポートの子が一生懸命に投げる姿を観て、私のモチベーションも上がっちゃいまして😅

ちなみに、今日の私自身の投球動作改善は、uphill(上り坂)とdownhill(下り坂)を活用してスローイング⚾

Uphillでは、踏み出し脚のブレーキングと、その股関節上で鋭く回転することを強く意識してネットスロー!

Downhillでは軸脚を勢いよく進めながらの並進運動でシャドー!

あと、以前から私の課題であるMERでのいわゆる『しなり』の無さ😭

こちらについては、前田健さんの書籍『ピッチングメカニズム改善編』より、あるドリル数種目をコツコツ続けている中で、徐々に『しなり』が出てきているような気がしていますし、足の上げ方などもちょこちょこ修正していて、我ながら今後が楽しみです💪😁

動画はこちらから確認できますので、もし興味のある方がおられましたらどうぞ👇

https://youtube.com/shorts/5UmeKBFyd-s?feature=share

これからも、いろんな方々の指導や取り組みなども参考にさせて頂きながらも、自分自身の核となる考えをぶらさずに目標達成に向けて突っ走っていきます🏃💨

140㌔プロジェクトの目的

皆さん、こんばんは!

キャンパーズ代表の小濱です🙇

さて、本日は私が現在行なっております『140㌔プロジェクトの目的』について、

動画にて皆様にご説明させて下さい🙇

一応、英語と日本語の2カ国語でお伝えしております👇😊

140キロプロジェクトの詳細につきましては是非とも動画にて👆

あと拙い英語ではございますが、少しでも多くの方々に私の思いをお伝え出来ればと思っておりますので、お時間がある際にでも是非ご覧下さいませ〜🙏

あと、『英語を話す』ということに関しましては、私自身は以下の通りジャッキー・チェンをリスペクトしており(笑)、我々日本人にとってもスゴく必要なマインドではないかな〜と考えておりますので、宜しければ参考にされて下さい👇

その昔、『英語でしゃべらナイト』という番組で、ジャッキー・チェンが言った言葉がこちら👇

『どんなに頑張っても完璧な英語なんか話せない。だけど自分流で話す!もしあなたが理解出来なくても気にしない!これが、ジャッキーズ・イングリッシュだ!』

ジャッキー・チェン最高です😍👍

ジャッキー・チェンが出演した『英語でしゃべらナイト』をYouTubeで発見しました👇

ウォーミングアップでも、自分自身の身体との対話が大切✨

皆さん、おはようございます☀

去った金曜日は第15回Geeksウェビナーで沢山学ばせて頂きました🤩

今回は『ウォーミングアップの目的と種目の選び方』

というタイトルで、NPO法人コンディショニング科学研究所 体育学博士の笠原政志氏によるご講話。

ウォーミングアップの目的であったり、パフォーマンスが発揮されやすい筋の適温、夏と冬など違う環境下の中での最適なウォーミングアップ、全力でウォーミングアップする事の重要性…などなど…

この日も学び盛り沢山でした🤩

やはり、ウォーミングアップでも、自分自身をよく知ること、そしてその身体との対話が大切だということを改めて感じました✨

笠原先生をはじめ、Baseball Geeksの皆様、大変貴重な学びの時間をありがとうございました🙇

引き続き宜しくお願い致します🙏

小学生からマウンドを使って投げてほしい⚾

皆さん、こんばんは。

去った水曜日は、アメリカ人の小学生とマンツーマン😁

この前の試合で3イニング無失点に抑えたらしく、メッチャ嬉しそうな顔してて、私まで超テンション上がりました🤭

彼のお父さんも、チームのコーチが彼のピッチングを褒めてたよ〜と、嬉しそうな顔で私に伝えに来てくれました😊

私が、〇〇〇君とウォーミングアップをしている際に、どのポジションが好きか尋ねてみると、彼は迷わずに

『ピッチャー!』

と言ってました😁👍

これからも、ケガなくベースボールを満喫してほしいです💪

さて、米軍基地内の子供達向けの野球では、必ずこの簡易型ピッチャーマウンドが用意されています👇

日本の小学生は、ほとんどマウンドから投げることは無いと思います。なぜなんでしょうか?

沖縄でも専用球場は、ほとんど見たことがありませんし、小学校の部活動でもないため、グラウンドにマウンドをつくることも、おそらく厳しいはずです…

ただ、最近から簡易型ピッチャーマウンドの販売等も行われているようですので、是非ともマウンドから投げられる環境を増やしてもらえたらなぁと思っております。

その方がモチベーションも高まるはずですし、傾斜を利用して落下する事で、投球方向に向かって軸脚を傾け、わりとスムーズに並進運動を行えるのではないかな?と思います。

そうなれば、個人差はもちろんあると思いますが、上半身を強引に使って投げる動作で肩肘に負担がかかるという事のリスク軽減になるのではないでしょうか?

アメリカのユースベースボールは、おそらくマウンドから投げる事は当たり前だと思います!

ですので、こういった良い部分は是非ともマネしたいですね🎶😊👍

学び多きBaseball Geeksウェビナー🤩に毎回感謝🙏

皆さん、こんばんは!

昨日は、毎回楽しみにしているGeeksウェビナー🎶

なんと陸上の為末大さんがご参加されての

『陸上にあって野球にないもの。野球にあって陸上にないもの。』

というタイトルでのお話🤩

陸上での測定やデータ活用の事、指導についてのお話し、データの世界で勝ち残れるであろう選手の特徴について、また日本と欧米のスポーツ環境の違い、野球選手の走りについて…などなど、

興味深いお話が盛り沢山でした!

やはり、他競技の方々からも学びがいっぱいですね😍

昨日は、為末大さんをはじめBaseball Geeksの神事先生や森本さんより沢山の学びを頂きました🙏

いつも貴重な学びの時間を下さいまして本当にありがとうございます🙇

引き続き宜しくお願い致します!

フルスクワットorパラレルスクワット?

皆さん、こんばんは。

今日はスクワットについて🦵

皆さんはどんなスクワットをされてますか?

私、最近スクワットは、ずっーと『フルスクワット』でやってます!

負荷を上げてパラレルでやっていたんですが、やはり可動域を目一杯使ってトレーニングした方が、筋バランスが整いやすいかなと…🤔

その他、私が学んだり調べたりした中で、現状考えているフルスクワットのメリットは、以下の通りです👇

☆どの可動域でも高い筋発揮ならびに多くの筋の動員が出来るのでは🤔

☆負荷をかけながら、同時に股関節や足関節の可動域を広げられるのでは🤔

☆研究などでは、フルスクワットでのトレーニングが、その他のスクワットより、ジャンプ高が向上したとの事。おそらく、ジャンプ動作や投球動作でも重要だと考えられる『トリプルエクステンション』の際は、股関節伸展の貢献度が高いと思います。そして、その中心となる大臀筋は、フルスクワットでの活動量が大きかったそうです🤔

ちなみに、私は挙上速度を測りながらフルスクワットを行なっています👇

ただ、注意している点は沈み込んでいく中で、骨盤が後傾して腰が曲がらないこと!

背中は反りすぎず真っ直ぐに保ったまま、おしりを膝より下まで沈み込ませます!

もちろん、ハーフやパラレルよりも軽負荷になりますが、それでもフォームに気をつけながらスピーディーに挙げられるよう意識しております!

あっ、そういえば今日、トップベロシティのYouTubeでも、フルスクワットを勧めている動画がアップされていましたので、気になる方はこちらから👇

皆さんも、英語の勉強がてら是非👆私も100%内容理解するために、あと100回ぐらいみましょっかね😂